マキちゃんの結婚式と大食漢

三十路のわたしの最後の砦、いとこのマキちゃんが、とうとうわたしを置いて結婚してしまうという運びになったので、今週は栃木の実家に帰ってきました。

うん、親戚一同の視線が痛かった。わたしだってそこそこ頑張ってるんだよ、お仕事。

いやいや、でも結婚式はやっぱりいいですねー。小さいころから仲良しのマキちゃんの晴れ姿ともなれば、感動もひとしおでした。本当に、やさしそうな旦那さんと幸せになって欲しいです。そして、わたしにもその幸せを分けてください(笑)。

うっかり夏休みを取り逃していたので、思ったより長く、一週間くらいの休みがもらえたこともあって、久しぶりに地元の友達に声をかけて女子会もしてきました。地元の友達おすすめのピザ屋さん「オ ジワソーレ」(たぶん。ジラソーレだったかも)は、ちゃんと薪釜で焼いたピザが食べられるこだわりのお店で、釜で焼いたピザはやっぱり絶品でした。3人でピザを4枚も食べて、お腹いっぱいだったけどもっと食べたかった―(おいやめとけ)。

たくさんいろんな話をしたけど、一番驚いたのは友達がお茶を習い始めたという話。昔は無心でカブトムシを追いかける少年のような女の子だったのに、そう言えば雰囲気がちょっと落ち着いたというか、なんか素敵になったと思っていたんですよね。茶道おそるべし。

わたしもなにか始めてみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。