たまのやる気は大事にする派

今日は前回の続きです。

茶道を習い始めたという友達の話を、わたしが興味津々に聞いていたら、友達も茶道を勧めてくれたんですが、聞けば聞くほどわたしにはハードルが高そうなんですよね。憧れる気持ちはすごくあるんですけど、仕事もサービス業で不規則なので、教室の時間に間に合わないことも多そうな気がして・・・。なにより、子どものころから5分以上の正座をする根性がありません(←致命傷)。

でも、せっかく何か始めてみようという気持ちになった流れには、気が変わらないうちに乗っかっておきたいということで、「わたしにも出来る習い事」をいろいろ調べてみたんです。趣味を楽しむようなサックス、イラスト、乗馬、あと今流行りだっていうリボン教室なんかにもすごく惹かれたんですが、せっかくだから手堅く役に立つようなものがいいと思って、今のところお料理教室、書道、着付けあたりがいいんじゃないかなーと思っています。

特に着付けは、日本人ならではの習い事って感じがするし、我が家は、祖母と叔母が普段着物で過ごしている人たちなので、気が向けばたまに着せてもらうこともあるんですが、できれば自分で着られるようになりたいと思っているんですよね。

環境的にも分からない事とか聞きやすかったりするだろうし、始めやすいんじゃないかなって気がしてます。

あとは、通いやすそうな教室があればいいんですが、ちょっと探してみようと思います。