犬のアレルギー症状が出た時の原因と対策・治療法について

犬の飼い主にとって、犬アレルギーが出るかでないかは、とても心配な問題です。でも、犬アレルギーについては意外と正しく理解していないために誤解されることもあります。
ここでは、「すでに犬を飼っているけど、もしかしたら自分は犬アレルギーかもしれないと思っている人」「犬アレルギーだけど犬を飼いたいと思っている人」に対して、犬アレルギーについての理解を深めてもらう為の情報を紹介しています。

主な犬アレルギーの症状

・咳、くしゃみ、鼻水

風邪に似た症状、例えば、咳やくしゃみ、そして鼻水などが出る場合はアレルギーの可能性があります。
「犬に触っているとくしゃみが出る」「犬と同じ部屋にいると咳が出る」など、犬と同じ空間にいる時に体調が不調になる場合、犬アレルギーを疑った方がいいかもしれません。

・目が腫れる

犬のアレルギー症状として、目がかゆくなったり、充血することがあります。ひどい場合には目が腫れてしまうこともあります。一見、花粉症と勘違いすることもあるかもしれませんが、これらはアレルギー特有の症状です。

・湿疹や蕁麻疹(じんましん)が出る

皮膚にかゆみを伴う腫れなどが出る場合があります。また、皮膚に限らず、粘膜部分に蕁麻疹(じんましん)や湿疹が発生してしまう場合には、重篤化すると、呼吸困難などの大変危険の状況を招くこともあるので、注意が必要です。

・喘息

犬アレルギーが原因で元々喘息持ちでない人でも喘息を発症してしまうケースもあります。症状が悪化すると呼吸困難や嘔吐などの深刻な症状が出ることもありますので、早めの対応が大切です。

犬アレルギーと猫アレルギーは違う

一見同じもののように思う人も多いですが、「犬アレルギー」と「猫アレルギー」は異なるアレルギーです。

アレルゲンが異なるので、犬アレルギーだから猫もアレルギーであるといったことはありません。逆も然りです。

また、犬アレルギーの方でも、よだれなどは平気だけど毛がダメという人もおり、同じアレルギーでも人によって症状は異なります。

抜け毛が原因てほんと?

犬アレルギーは、主に抜け毛が原因と思われてきたので、抜け毛が少ない犬種なら大丈夫と誤解されてきました。

正確には抜け毛に付着したフケ、唾液がアレルギー物質

現在確認されている、アレルギー物質(アレルゲン)は、全部で7種類あります。その中でも、その中の1種類に犬の毛やフケ、唾液中に多く存在することが分かっています 。

そのようなことから抜け毛が主な原因ととらえ、プードルなどの抜け毛が少ない犬種なら大丈夫と思っている方も多いです。

しかし、繰り返しになりますが、アレルゲンは7種類もあることが確認されています。そして、正確には犬の毛に付着しているフケや唾液に含まれている物質がアレルゲンなのです。

つまり、厳密には犬アレルギーのアレルゲンを持たない犬種は存在しないことになります。

確かに抜け毛が少ない犬種であれば「アレルギーの原因になりにくい」といえますが、注意が必要です。