犬の色の世界はどんな感じ?犬の好きな色は何色なのか?

犬から見える世界はいったいどんな感じだろうかと疑問に思った人もいるでしょう。

犬の視神経は17万本程度で、人間の120万本。そして色を感知する目の細胞である錐体も人間の10%ということで、人間と比べると見分けられる色がかなり限られています。

また、犬の視力自体もあまり良くなく、人間の視力換算で言うと、だいたい「0.3」程度と言われています。

生まれつき多少ぼやけているのが当たり前なので、犬自身は不自由を感じることはありませんし、嗅覚や聴覚に関しては人間よりも大変優れているので、生活に支障はありません。

物体は人間と同じように認識しますが、ただモノクロに感じるだけです。

なので、犬のおもちゃの色に迷ったりしても犬には関係ありません。飼い主さんの好みで問題ないですね。

でも、外で遊ぶ時や家の中で遊ぶ時とで多少見えやすい色というものがあります。

そういった色のおもちゃを選んであげると、あまりボールが好きじゃないワンちゃんでも遊ぶようになるかもしれません。

犬は赤緑色盲なので、室内では黄色いものだと見分けやすいと言われています。

ですが、外の場合だと草の緑の色との識別が難しいので、青色のボールがオススメですね。

実際のところは犬に聞いてみるしかわからないかもしれませんが、最新の研究だと、黄、青、グレーの色で世界が見えていると分かってきています。

犬のおもちゃを選ぶ時はこれらを意識してみると良いかもしれません。遊び方を工夫すれば、あなたのワンちゃんの好みの色もわかってくるかもしれませんね。