ドッグフード おすすめの解消法はこれ!悩み解消には、ドッグフード おすすめの熟知が必須。

「正真正銘良いドッグフードは他の販売商品と何処が違うの?」

「豊富にあるなかで確かにハイレベルなドッグフードをどういったやり方で探したらうまく行くの?」

今日ではかなりのドッグフードがあることから、選択の幅がたくさん有り過ぎるので反対に、どれを選べば最善となるのか分からないという飼い主さんは多いのではないかと思います。

正直、大勢の飼い主さんは、愛犬にとって本当に賢明かどうかは把握していないけど、今あげているドッグフードを不満がらずに食べているから。

という理由から大差はないドッグフードをセレクトしている飼い主さんも割と見られます。

当然、愛犬自身が好んでいるものを選定することは過ちだとは言いませんが、愛犬の体調や安心を気にしてあげられるのは飼い主さんに他なりませんので、できるなら愛犬に合ったドッグフードをチョイスしたいと思う飼い主さんも多くいるでしょう。

1)本気でお薦めできるドッグフードを採用する4つの注目点

1-1. 世代にフィットするドッグフード

ドッグフードは、根本的に世代別・ライフスタイル別(子犬・成犬・シニア)に流通されているので、大勢の飼い主さんは年齢に見合ったドッグフードがあるということはお知りでしょう。

この年齢に即したドッグフードを選択するということが、愛犬の体調や栄養摂取をめざしたときに極めて大切な意義を有します。

ドッグフードは、成犬(1歳~7歳頃)をベースにして製品開発されます。

成犬に相当する時期は、大型犬ほどゆるやかで(24ヵ月ごろ)、小型犬ほどスピーディ(12ヵ月ごろ)という傾向が見られます。

そのようにして、体が作られるまでの子犬の時期(成長期)は、発育のためにたんぱく質・脂肪・カルシウムなどの多くの栄養成分が不可欠です。一回でわずかにしか食べられないので、エネルギーも養分もたっぷりと要します。僅かな量で能率的に消化・吸収し得るドッグフードが奨励できます。

逆に7歳以上の高齢犬(シニア期)は、行動量や基礎新陳代謝の低下に即したエネルギー量をマネージメントが必要になってきます。食欲や消化・吸収能力が下降するシニア犬(高齢期)には、エネルギー効率がよく消化・吸収できるドッグフードがピッタリです。

上の記載の通り、ドッグフードはライフステージ別に構成が異なってくるため、製品を選択する際に自分の愛犬のタイミングに合ったものをしっかりと選べば支障ありません。

子犬 →成犬、成犬→シニアのペットフードの変更時期は、いきなりの変更をしようとすると愛犬が食べ物の相違に用心したり、消化不良を起こしたりしてしまうことがあります。これに伴って、 1~2週間ほど費やして少しずつ新しいフードの量を増加させていき、ステップごとにおこなうことが不可欠です。その中でも高齢期や腎臓病・心臓病のケースでは獣医師の指揮に則って徐々に移行ます。

1-2. 用件にフィットするドッグフード

愛犬の様子や状況次第で、用件に沿ったドッグフードセレクトが求められることもあり得ます。

具体的な例を掲載しましょう。

・ポッチャリがコンプレックスとなっていて、シェイプアップをさせたい→ダイエット用フード

・避妊・去勢手術後太り辛くなったらうれしい→避妊・去勢後用フード

・腸にストレスを加えないドッグフードを与えたい→腸内環境に気にかけたドッグフード

・添加物があまりなく、セーフティに考慮されたドッグフードを与えたい→オーガニックのドッグフード

・口臭や体臭が気になっている→口臭や体臭に気配りしたドッグフード

一連の目当て別のドッグフードは、予防を希求する場合と療法・是正を狙うこともあり得ます。

殊更、治療・予防をターゲットにする場合には、動物病院のドクターからレクチャーや提言を聞いてドッグフードを選ぶことも大事です。

1-3. おのおのの嗜好にピッタリ合うドッグフード

いつものドッグフードをおいしい状態で食べられれば、愛犬にとってご飯が極めて楽しみなできごとになります。

たまたま、犬はみなさんのようにおいしさを感じ取る器官をもっており、美味いと嗅ぎ取れれば食らい付きが高まります。(だけど、うまさの内容は人とは少々違っており、犬は味・におい・舌触りにおいしさを実感する生物です)。

ですが、値の張るもの=旨いとは決まっていないため、愛犬にとって何処のドッグフードがおいしいのかを認知するためには、ランチを与えた際のリプライを注視することが不可欠です。

さらに、非常に食らい付きがよいドッグフードでも嗜好性が強く養分が低レベルものの場合、愛犬の健康上の不具合が大きいため、任せ過ぎないことに注意しましょう。

おすすめのドッグフードを紹介しますね。モグワン 口コミ