犬のしつけ 基本~専門|わからない点即刻解消可能!

成犬となってからのしつけは不可能なのか?

トイレトレーニングのテクニックを紹介

犬は1歳に到達するまでに大人へと発育し、性格も作られていくためしつけは幼少期にきちんといれることが最善と言われています。

特にトイレトレーニングは欠かすことが出来ないしつけであり、完全に覚えさせることが重要です。

それでは成犬にしつけを遂行することはできないのでしょうか?

また、成犬にトイレトレーニングを付けたい場合、どういったことに注目すればベターなのでしょうか?

成犬を受け入れる好機があった時に、しつけは子犬よりも我慢づよさが肝要になってきます。

当記事では大切なしつけである成犬のトイレトレーニングの実際的なやり方についてもオススメします。

成犬はしつけしづらい?

ある程度特性や習性が確立してしまっている成犬にしつけを教えることは、子犬をしつけるよりも骨が折れます。しかし、その子の特長を理解し、我慢強く行なうことでできるでしょう。

「しつけ」というのは、犬と人がよりよく日々を過ごすために必要な決まり事を犬に指導することです。しつけをすることで、人間社会で生活していく際に犬の態度によって人が困ったりしないようにする意図があります。 ある程度慣習が習得されてしまった成犬をしつけることは、過去の習慣を忘れさせて新しいものに置き換えをしなくてはなりません。

そのため、ピュアな状態の子犬に教えるよりも、成犬へのしつけの方が時間と手間が発生します。 まず第一に大事なのは、飼い主が揺るがないリーダーシップを活かして犬との相互信頼を入念に構築することです。

しつけの基本:アイコンタクトトイレトレーニング

しつけを行うケースで気にすべきポイントとなるのが、アイコンタクトです。具体的にしつけを指導する場合に、犬が飼い主を理解して、集中していることが大事です。

アイコンタクトはしつけの基礎であり、子犬でも成犬であってもアイコンタクトができないとしつけはシビアになります。